メイクの前のスキンケアの段階では、化粧水や乳液はしっとりし過ぎないタイプを使います。ファンデーションはリキッドタイプやクリームタイプの物は決して使いません。皮脂くずれし易くなるからです。季節や肌の調子次第ではBBクリームを薄く化粧下地の後に肌全体に伸ばすことはあります。BBクリームを使うと肌の色味が均一になりい色ムラを防いでくれると思っています。そして必ずパウダーファンデーションを使っています。やらない方がいいのはメイク前に保湿効果の高いジェルを使うことです。保湿効果の高いジェルはやはりスキンケアを目的としているので、メイク前には使わない方がいいと思います。何度かメイク前に使ったことがありますが、メイクのくずれが早くて困ったことがあります。ジェルが好きな人で、どうしても使いたいのであれば、サッパリしたタイプのジェルがお薦めです。

この化粧下地のクリームの硬さが私にとっては、丁度いい感じです。色味も淡いオレンジ色なので肌のくすみもカバーしてくれます。価格も800円位でチューブ入りなので外出時にも携帯し易くて便利です。私の場合は肌がオークル系の色味なのでグリーンやピンク色の化粧下地を使うと肌の色が少し白くなり過ぎるので色ムラが出来てしまい化粧くずれが目立ちます。他メーカーの似た色味の化粧下地でも色ムラが出来てしまいます。この化粧下地だと昼頃までは化粧直しをしなくても何とかなります。満足度は80%位です。夕方になると流石に化粧くずれが目につきます。満足度は30%位ですね。気に入っているこの化粧下地をつかっても、1日中化粧直しの必要が無いというほどまで満足することはないと思います。

外出時には同じタイプの化粧下地と扇子を外出時には携帯しています。皮脂くずれした場合は携帯サイズのウエットティッシュで肌全体の皮脂を軽く拭き取り、その後にこの化粧下地を薄くつけてパウダータイプのファンデーションでベースメイクを直します。また、皮脂くずれし易いのは、汗掻きである点も原因の一つだと分かっていますので、外出時には体温を調整できるような服装で出かけて行きます。汗を掻き出し肌が皮脂くずれしそうになったら、扇子で顔を仰ぐとかなり汗も引き、顔の皮脂くずれも落着いてきます。食生活においても、脂っこい物を摂りすぎると肌も脂っぽくなりやすく皮脂くずれが起きやすくなるタイプので、日頃から控えるようにしています。

化粧モチは朝のスキンケアの段階から始まっています。しっかりと水分を与えて皮脂が出にくい状態にしています。化粧崩れをしたくない、ないしは化粧直しがにしくい環境の時は、化粧下地、ファンデーション、パウダーに至るまで、全て崩れにくいタイプのものを選んでいます。ファンデーションはリキッドの方が毛穴に入り込むので崩れにくいです。パウダリーの場合、崩れ始めるとと一気に雪崩のように崩れます。崩れ方やテカり方も汚くないのがリキッドとお粉の組み合わせだと思っています。厚塗りは皮脂崩れの原因になりますので、気になる箇所はコンシーラーを部分使いして、薄いベールを重ねるイメージでメイクすると崩れにくいです。

マットシフォンですが、ノビが良くて、1プッシュでは多い程です。ぴたりとフィットし、サラサラ肌になれます。30代の年齢肌なので、全顔に使用すると乾燥が気になるので、主にTゾーンだけの使用です。価格も安価ですし、化粧下地には珍しく2色展開なので、肌色に合ったものを選べるので、白浮きを防ぐことができます。ホワイトニングと名称にはついていますが、SPFは26と低めなので、最低35は欲しいです。テカリ予防ができる下地なので基本的に使用は紫外線の多い春〜夏なので、UVカット機能の向上を期待しています。私は内勤OLなので、通勤路以外は空調の効いたオフィスで仕事をしています。ですから化粧崩れがあまり出にくい環境です。その上で、昼で9程度、小鼻がちょっとテカってる?程度です。ハンカチをさっと当てるだけでも良い位です。夕方18時頃でも7割程度です。アフターファイブがある場合はメイク直ししますが、真っ直ぐ帰るだけならば化粧直ししません。

皮脂くずれをしたら、崩れた部分をあぶら取り紙やティッシュで軽く押さえて、パウダーをはたきます。皮脂くずれの原因については、肌が乾燥することで水分を補うために油分が出ていることが原因だと思います。外回りの時は単純に汗をかいて一緒に皮脂も出ているのだと思いますが、内勤は空調をあたり続けていることで肌が乾燥したのだと思っています。本当は皮脂崩れをした場合、メイクオフをして、化粧水、乳液をして、1からメイクをし直すのが良いのでしょうが、そこまでできないので、上から重ねるだけです。ミスト系の化粧水を使っていたこともありますが、かえって頬などのツッパリが気になったのでやめました。

メイクの皮脂崩れを防ぐポイントは、なんといっても保湿だと思っています。あんまり保湿するとベタベタしてテカってきそうだと思われるかもしれませんが、たっぷりみずみずしく潤いを与えることで、皮脂が出にくく崩れにくくなるんですよね。なので、私はメイクの前には必ずしつこいくらいに化粧水をパッティングして、手のひらが吸い付くくらい保湿するようにしています。そうすることで、毛穴もキュッと引き締まるんですよ。脂っぽくなるのを恐れて保湿を軽視するのは逆効果だと思います。それに加えて、メイクが仕上がった最後には、ティッシュを顔に当てて上から手のひらで包み込み、余分なアブラを取るようにしています。その一手間でマットな肌感が保てるので欠かせません。

パフィーリッチスムースティントUVベースは、肌が潤ってかさつかないのにテカりやベタつきも気にならないところがオススメなんです。ナチュラルメイク好きなら、ファンデーションいらずでこれ一つでも綺麗な肌に仕上がります。私の場合は、この下地プラス気になる部分のみコンシーラー、仕上げにプレスドパウダーという方法でメイクしています。他の化粧下地を使っていたころよりも脂浮きがしなくなって、皮脂崩れも気にならなくなりました。朝メイクした100%まっさらの状態が、昼ごろにはだいぶ馴染んで90%、夕方には逆にツヤも出て110%、朝より綺麗なくらいです。多少皮脂浮きが気になった時は、ティッシュで軽くおさえれば復活しますよ。

皮脂崩れした時のリカバリー方法はカンタンで、ティッシュを一枚顔に広げておさえるだけです。それで浮きが肌に馴染んだら、たまにプレスドパウダーをはたいてあげれば更に完璧な仕上がりになります。肌の保湿不足に加え、色々とメイクアイテムを重ねすぎるのが皮脂崩れの原因だと考えています。例えば、日焼け止め→化粧下地→ファンデーション→コンシーラー→お粉・・・などなど、使うアイテムが増えるほど崩れやすさもアップするように感じます。なので、一本でUV効果やメイク効果を兼ね備えている機能下地を使うことで、余分なアイテムの重ねすぎを防ぐように気をつけていますよ。それに、美容効果もプラスされているものなら更にいいですね。

私はオイリー肌なのですが、以前は保湿が原因だと思っていました。その為化粧水などはサッパリ系のみ、クリームなども使用していませんでした。ところが知人にオイリー肌タイプは乾燥肌の人が多いと聞き、それを機にしっとりタイプの化粧水やクリームなどを使い始めました。自分でも本当にビックリしたのですがそれ以来化粧の持ちが良くなった上に肌の調子まですごく良くなりました。新しい肌に再生された感じです。勿論肌のタイプは人それぞれ。オイリー肌の方みんなに絶対に良いとは限りませんが、もしオイリー肌+化粧崩れに悩んでいる方いましたら、先ずこれらを試して頂きたいです。少しは肌の改善にも繋がるかと思います。

この化粧下地に替えたのは2年前です。以前はどの化粧下地を試しても数時間後、若しくは汗をかくとすぐに崩れ始める為1日に何度も何度も化粧直しをしていました。化粧直しの頻度が増える度に肌の調子も悪くなり、化粧も始めから綺麗にのらないという感じでした。しかしこの化粧下地に出会い使用してみると今までの化粧下地は何だったのかと思うぐらい別物でした。何時間経っても化粧崩れナシ。その為化粧直しの必要もほとんどなくなり、今では朝から夕方まで丸一日化粧直しをしないことがほとんどです。そして、この化粧下地の皮脂崩れ防止以外のお気に入りは塗る時の伸びがよく、一瞬で肌になじみサラサラな状態になることです。あまりのサラサラ具合に化粧下地を塗った事を忘れ、また塗ってしまったことが何度もあるくらいです。

それでも皮脂崩れした場合、私は先ずティッシュを顔にのせ、それから優しく顔の油を拭き取るようにしています。出先でもこれなら簡単ですよね。それから軽くルースパウダーなどで化粧直しです。一時期皮脂崩れが酷い時に脂っこい食事を控えたこともあります。気持ちの問題かもしれませんが少しは崩れ防止になったのかなとは思います。でも食いしん坊の私にこの考えは長くは続かず、それ以外に出来ることをしようと色々調べました。そして私が思う1番の皮脂崩れ理由はやはり保湿不足だと思っています。夜シャワー後に時間があればなるべく保湿パックをするようにしていますが、した翌日はやはり化粧ノリも良い上に日中の化粧崩れの頻度も減ります。

化粧崩れの原因は、肌の乾燥による皮脂分泌だと聞いたことがあるので、ベースメイクを始める前にしっかり保湿するようにしています。とにかく化粧水をたっぷり使って時間をかけて馴染ませるようにします。乳液まで塗ったら、1分ぐらい放置してからベースメイクを始めるようにしています。スキンケアの直後にベースメイクを始めてしまうと、肌がしっかり保湿できていない状態になるので、結局皮脂崩れしてしまうし、メイクがヨレてしまう原因にもなってしまいます。スキンケアで乳液を付けすぎてしまうのも良くないです。小鼻の脇やほうれい線のしわが皮脂崩れしやすくなってしまいます。化粧水を多めに付けて、乳液は軽めに付けてから1分程度時間を置き、肌に浸透しきれず表面に残っている乳液をティッシュで押さえてオフしたらちょうどいい感じになります。

今までいろいろな皮脂くずれ防止の下地を試してきましたが、いちばん私に合っていたのがプリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地でした。容器を振ってから使わないといけないことと、液体がサラサラしすぎているので手にとるとこぼれてしまいそうになるところが改善されたらいいと思いますが、肌になじみやすく少しの量でもしっかり効果を発揮するのでおおむね満足しています。朝この下地を使ってメイクをすると昼頃90%、夕方80%の状態でメイクがキープできています。汗をかくような場面があっても、メイクが溶けてしまうということはほぼないです。皮脂崩れの出やすいおでこや鼻まわりもほとんど崩れません。しかもテカリまで防止できている上に乾燥を感じることもないのでとても優れた商品だと思います。

夕方から外食で焼肉や鉄板焼きなどで室内の空気に油が混ざっているような場所ではさすがに皮脂くずれしてしまいます。そんな時は、ティッシュで皮脂を押さえてからパウダーを軽くつけて対応しています。普段のちょっとした崩れの時は、ティッシュで浮いてきた皮脂を押さえるだけにしています。皮脂くずれの原因は乾燥によるものだと思っているので、普段からの丁寧な保湿が重要です。どちらかと言うと夏よりも冬の方が皮脂くずれすることも多いので、暖房の効いた部屋では日中でもミスト化粧水で潤いを補ったり、お風呂上がりに肌の水分が蒸発しやすいのでできるだけ早く化粧水を塗ってとにかく乾燥しないように心がけています。